• トップ
  • 妊活
  • 【比較解説】おすすめの妊娠検査薬8選!早期妊娠検査薬や海外製の解説付き

【比較解説】おすすめの妊娠検査薬8選!早期妊娠検査薬や海外製の解説付き

  • 作成日:2020.06.15
  • 更新日:2020.07.10

妊娠検査薬はさまざまな種類があるため、どれを買えばよいのか迷うかもしれません。この記事では、日本製の8つの妊娠検査薬の特徴を比較表でまとめ、検査薬選びをサポートします。また、判定を早く知ることができる「早期妊娠検査薬」や価格の安い「海外製の輸入品」についてもご紹介します。

妊娠検査薬の仕組みと使うタイミング

妊娠検査薬の仕組みと使うタイミング

妊娠したら分泌されるホルモンに反応する

妊娠検査薬はスティック型の薬品で、スティックの先に尿をかけ、尿に含まれるホルモンの量を測ることで妊娠したかどうかを判定できます。

ただし、性交した後のどのタイミングで検査しても判定が出るわけではなく、正しいタイミングで使用することが大切です。

(※)妊娠検査薬の使い方は「【医師監修】妊娠検査薬の使い方は?タイミングはいつ?知っておくべきポイントを丁寧に解説」でも解説しているので、よければご覧ください。

妊娠検査薬を使うタイミングは生理予定日の1週間後が目安

判定のタイミングは生理予定日の1週間後が目安

妊娠検査薬は、妊娠していたら分泌される「hCG(エイチシージー)」と呼ばれるホルモンの量から妊娠を判定します。hCGは、受精卵が着床し、成長を続ける中で数値が高くなります。

市販の妊娠検査薬の多くは、hCGの値が「50 mIU/ml」をこえると反応するようになります。妊娠すると、妊娠4週〜5週になる頃、つまり「生理予定日の1週間後」には「50 mIU/ml」をこえるため、市販の妊娠検査薬で判定が可能になります。

(※)「mIU/ml」は「ミリ・アイユー・パー・ミリリットル」と読みます。

(※)妊娠期間の数え方は、妊娠した月の生理が始まった日を「妊娠0週0日」と数えます。生理が始まってから8日目からを「妊娠1週」と数え、生理周期が28日の場合だと次の生理がくる日は「妊娠4週」の開始時点になります。

「生理予定日」が分からない場合

生理周期を数えたことがない、または生理不順などで「生理予定日の1週間後」がいつ頃なのか分からない場合は、「妊娠を狙って性交した3週間後」を目安に検査薬を使うようにしてください。

一般的に、妊娠の可能性が高い期間(排卵期)の2週間後が生理予定日なので、3週間後というのが「生理予定日の1週間後」にあたるからです。

妊娠検査薬を選ぶポイント

妊娠検査薬を選ぶポイント

どの妊娠検査薬も判定の精度は変わらない

日本製の妊娠検査薬はいくつかありますが、正しいタイミングで正しく使用すれば、判定の精度に違いはありません。

どの妊娠検査薬を使用しても

・hCGの値が50mIU/mlの時点で陽性反応がでる
・生理予定日の1週間後に検査すれば99%の精度で判定することができる

という特徴は同じです。

妊娠検査薬は価格と使いやすさが選ぶときのポイント

価格と使いやすさが選ぶときのポイント

となると、妊娠検査薬選びのポイントは「価格」と「使いやすさ」の2つが主になります。

「価格」に関しては、AmazonなどのECサイトではセール価格で販売されていることが多いです。ですから、それぞれチェックしてから購入するようにしましょう。

「使いやすさ」に関しては、スティックの形状や判定線の見やすさなどが検査薬によって異なります。

以下では、これらのポイントをまとめた比較表を紹介します。

特徴がわかる比較表:日本製の妊娠検査薬8選

日本製の妊娠検査薬8選

日本製の妊娠検査薬8選

それぞれの妊娠検査薬の特徴や価格をまとめました。

表の一番右にはメーカー希望小売価格をもとに「価格」を記載しましたが、AmazonなどECサイトではもっと安い価格で販売されていることが多いです。実際に販売されているページで価格を確認してからご購入されることを勧めます。

なお、どれも駅前にあるマツキヨやココカラファインのようなドラッグストア、またAmazonや楽天のようなECサイトで購入できます。

日本製の妊娠検査薬の比較表

(※)メーカー希望小売価格(税抜)を記載しています。メーカー希望小売価格が設定されていない場合は通販サイトで販売されている価格を参考にしています。価格は販売店、通販サイトによって異なるため、ご購入時にはご確認をいただくようお願いいたします。

では、上から順にご紹介します。

①迷ったら人気No.1の「ドゥーテスト」

「ドゥーテスト・hCG 妊娠検査薬」は「簡単で使いやすい」というポイントを打ち出しています。尿をかける「採尿部」が大きく、尿がかけやすく、ハネにくい構造になっています。また、尿をかける時間も2秒と他の検査薬と比べると短くて済みます。

Amazonでも売り上げランキングで1位を獲得している人気商品です。(2020年6月時点,妊娠検査薬において)

【製造・販売会社】
ロート製薬

【価格】(税抜)
1回用:880円
2回用:1,320円

(注)メーカー希望小売価格(税抜)を記載しています。メーカー希望小売価格が設定されていない場合は通販サイトで販売されている価格を参考にしています。価格は販売店、通販サイトによって異なるため、ご購入時にはご確認をいただくようお願いいたします。

ドゥーテストの公式サイトはこちら

②使いやすくお手頃価格「ウー・マンチェック」

「ウー・マンチェック 妊娠検査薬」も、「使いやすさ」をポイントを打ち出しています。採用部は大きく、またスティックも持ちやすい形状に工夫されています。

Amazonでは売り上げランキングで2位を獲得している人気商品です。(2020年6月時点,妊娠検査薬において)

【製造・販売会社】
不二ラテックス

【価格】(税抜)
1回用:647円
2回用:813円

(注)メーカー希望小売価格(税抜)を記載しています。メーカー希望小売価格が設定されていない場合は通販サイトで販売されている価格を参考にしています。価格は販売店、通販サイトによって異なるため、ご購入時にはご確認をいただくようお願いいたします。

ウー・マンチェックの公式サイトはこちら

③世界シェアNo.1ブランド「クリアブルー」

「妊娠検査薬 クリアブルー 」はオムロンが販売する妊娠検査薬です。「クリアブルー 」は排卵検査薬もあり、ブランドとしては世界シェアNo.1の安心できるブランドです。

【製造・販売会社】
オムロン

【価格】(税抜)
1回用:800円
2回用:1,200円

(注)メーカー希望小売価格(税抜)を記載しています。メーカー希望小売価格が設定されていない場合は通販サイトで販売されている価格を参考にしています。価格は販売店、通販サイトによって異なるため、ご購入時にはご確認をいただくようお願いいたします。

クリアブルー の公式サイトはこちら

④価格がお手頃な「PHARMA CHOICE P-check」

「PHARMA CHOICE P-check」はAmazonのプライベートブランドです。

妊娠検査薬の製造は、後ほど紹介する「P-チェック・S」を製造販売するミズホメディです。保証された品質でありながら、価格がお手頃なのがポイントです。なお、販売されているのは4回分のセットのみです。(2020年6月時点)

【製造・販売会社】
Amazon(製造はミズホメディ)

【価格】(税抜)
4回用:1,181円

(注)メーカー希望小売価格(税抜)を記載しています。メーカー希望小売価格が設定されていない場合は通販サイトで販売されている価格を参考にしています。価格は販売店、通販サイトによって異なるため、ご購入時にはご確認をいただくようお願いいたします。

⑤判定結果が残る「チェックワン」

「妊娠検査薬 チェックワン」の特徴は判定結果が残ることです。妊娠検査薬の多くは、尿をかけて判定が出たあと、時間が経つと判定線が薄く消えることがあります。

陽性反応が出たときに、パートナーに見せて伝えたいという方にとってはおすすめの検査薬です。

【製造・販売会社】
アラクス

【価格】(税抜)
1回用:1,000円
2回用:1,500円

(注)メーカー希望小売価格(税抜)を記載しています。メーカー希望小売価格が設定されていない場合は通販サイトで販売されている価格を参考にしています。価格は販売店、通販サイトによって異なるため、ご購入時にはご確認をいただくようお願いいたします。

チェックワンの公式サイトはこちら

⑥使いやすいロングタイプ「ハイテスターN」

「妊娠検査薬 ハイテスターN」はスティックが長く使いやすく、判定結果も見やすい点をポイントとして打ち出しています。

【製造・販売会社】
武田コンシューマーヘルスケア

【価格】(税抜)
1回用:800円
2回用:1,200円

(注)メーカー希望小売価格(税抜)を記載しています。メーカー希望小売価格が設定されていない場合は通販サイトで販売されている価格を参考にしています。価格は販売店、通販サイトによって異なるため、ご購入時にはご確認をいただくようお願いいたします。

ハイテスターNの公式サイトはこちら

⑦使いやすく判定が見やすい「P-チェック・S」

「P-チェック・S」はスティックが長く使いやすく、判定結果も見やすい点をポイントとして打ち出しています。

【製造・販売会社】
ミズホメディ

【価格】(税抜)
1回用:880円
2回用:1,320円

(注)メーカー希望小売価格(税抜)を記載しています。メーカー希望小売価格が設定されていない場合は通販サイトで販売されている価格を参考にしています。価格は販売店、通販サイトによって異なるため、ご購入時にはご確認をいただくようお願いいたします。

P-チェック・Sの公式サイトはこちら

⑧判定結果がデジタル表示でわかる「チェックワンデジタル」

「チェックワンデジタル」は判定がデジタル表示される妊娠検査薬です。5回分使えて3000円前後なので、デジタルだからと言って高額なわけではありません。

線が濃かったり薄かったりして判断に迷うこともる「判定線」のタイプよりも、判定が分かりやすいのが特徴です。

(※)本記事の作成時点(2020年6月時点)ではAmazonでの取り扱いがなかったため、画像などはご用意できていません。

【製造・販売会社】
アラクス

【価格】(税抜)
5回用:3,024円

(注)メーカー希望小売価格(税抜)を記載しています。メーカー希望小売価格が設定されていない場合は通販サイトで販売されている価格を参考にしています。価格は販売店、通販サイトによって異なるため、ご購入時にはご確認をいただくようお願いいたします。

チェックワンデジタルの公式サイトはこちら

1週間早めに検査できる「早期妊娠検査薬」

1週間早めに検査できる「早期妊娠検査薬」

早く知りたい場合は「早期妊娠検査薬」

もし、もっと早く知りたい場合は「早期妊娠検査薬」を使いましょう。

ここまで紹介した8つの妊娠検査薬は、検査をするタイミングの目安が「生理予定日の一週間後」ですが、「早期妊娠検査薬」は生理予定日頃でも判定が可能です。

早期妊娠検査薬の感度は「25mIU/ml」

早期妊娠検査薬の感度は「25mIU/ml」

通常の妊娠検査薬で陽性反応が出るのが「50mIU/ml」なのに対して、早期妊娠検査薬は「25mIU/ml」の時点で陽性反応が出ます。つまり、通常の妊娠検査薬よりも早めに判定することができます。

購入は薬剤師がいるドラッグストアへ

通常の妊娠検査薬はAmazonや楽天などのECサイト、またはドラッグストアなどで購入が可能ですが、早期妊娠検査薬は薬剤師がいるドラッグストアでしか購入ができません。

また、日本製でドラッグストアで購入できる妊娠検査薬は「チェックワンファスト」しかありません。購入を希望される方はこちら(チェックワンの取り扱い店舗リスト)からお近くのドラッグストアを確認し、事前に店頭に置いているか問い合わせをしたほうが良いでしょう。

早期妊娠検査薬で陽性判定が出ても結局2週間程度は待つことに

陽性判定が出ても結局2週間程度は待つことに

注意しておきたい点は、早期妊娠検査薬で陽性反応が出たからといって、確実に妊娠したとは判断できないことです。

妊娠の確定診断は産婦人科に行き、「生理予定日」だった2週間後にあたる妊娠5週目で「胎嚢(赤ちゃんを包む袋)の確認」「生理予定日」だった3週間後にあたる妊娠6週目で「心拍の確認」を行います。

このように、早期妊娠検査薬で陽性反応が出ても、結局は2週間程度は待つ必要があります。そして、本当に妊娠したのか気になり、早期妊娠検査薬を使った1週間後にまた妊娠検査薬を使いたくなる人が多くいます。

検査薬のコストを考えると、特に急いで妊娠したかどうかの確認が必要でない場合は、通常の「50mIU/ml」で反応する妊娠検査薬でチェックすれば良いでしょう。

価格重視の人は海外製がオススメ

価格重視の人は海外製がオススメ

海外製の検査薬は1本あたり100円以下

海外製は値段は安くお手頃です。駅前のドラッグストアやAmazon・楽天のような大手ECサイトでは販売しておらず、海外輸入品を扱う専門の通販サイトから購入することができます。「海外輸入 妊娠検査薬」などのキーワードで検索すればサイトが出てくるはずです。

日本製の早期妊娠検査薬と同じ感度の高さ

海外製の妊娠検査薬は、日本の「早期妊娠検査薬」と同じく「25mIU/ml」の感度で陽性反応が出るものが多いです。

なので、生理予定日付近では海外製の安い早期妊娠検査薬で一度チェックし、そして生理予定日の1週間後は日本製の妊娠検査薬で再度確認する、というスタイルの方もいます。

紙製のスティックで少し使いづらい

海外製の妊娠検査薬は少し使いづらいと感じる方もいます。海外製は紙製のスティックで、尿も直接かけるのではなく紙コップに入った尿に検査薬の先をつける必要があります

そのため、日本製のプラスチック素材のスティック型の検査薬と比べると、使いにくいと感じる方もいるでしょう。

安さや早く判定が出るというメリット、一方で使いづらさというデメリットを考慮して日本製か海外製かは選ぶと良いでしょう。

陽性反応が出たら産婦人科へ

陽性反応が出たら産婦人科へ

産婦人科での妊娠判定

妊娠検査薬で陽性反応がでたら、産婦人科で正確に検査してもらいましょう。

産婦人科での妊娠判定は、尿検査や採血によって行います。陽性反応が出て、かつ、検査を受けるタイミングが妊娠5週目頃(生理予定日の1~2週間後頃)を過ぎている場合は、併せて子宮内に「胎嚢」という赤ちゃんの袋が見えるかどうかをエコーで確認します。

妊娠検査薬で陽性反応が出てから1〜2週間後に産婦人科を受診しましょう

陽性反応が出てから1〜2週間後に受診

妊娠検査薬で陽性反応が出てすぐに受診をしても、診察ではまだ胎嚢を確認できないことがあります。ですから、妊娠検査薬を使用して陽性反応が出てから1〜2週間後に受診(早期妊娠検査薬を使った場合は陽性反応が出てから2〜3週間後に受診)するのが、エコーによる胎嚢確認もできるため適切なタイミングです。

また注意点として、妊娠の心当たりがあるのであれば、妊娠判定前でも飲酒」や「タバコ」は控え、服薬にも注意してください。

以上、この記事では日本製の妊娠検査薬をメインにご紹介し、早期妊娠検査薬や海外製の検査薬の特徴もご紹介しました。それぞれの特徴から自分にあった検査薬を選ぶようにしてください。

この記事の著者

吉川 雄司

著書「やさしく 正しい 妊活大事典」(プレジデント社)。生殖機能に関する正しい知識の普及、妊活・不妊治療に取り組む方のサポートを目的とした事業を運営する株式会社ヘルスアンドライツの代表取締役。日テレやTBSなどの番組出演、新聞やメディアへの掲載多数。

SNSでシェア

  • lineアイコン
  • facebookアイコン
  • twitterアイコン

あわせて読みたい記事

Related Posts

この記事に関連するタグ

  • トップ
  • 妊活
  • 【比較解説】おすすめの妊娠検査薬8選!早期妊娠検査薬や海外製の解説付き
ケアミーアイコン

あなたにおすすめの記事も読める使いやすさNo.1 生理管理アプリ

詳しくみる